抱いてみたくなった


じきに夢から覚める「おかしなことゆ〜よねェ〜のね。「今からどこへ?」「食事だよーん」「まだ、だったのよのね。アタシは、期待もせずにいた言葉にぃ〜、声が出ないわ。背中に触れた温もりが、蘇り、駆け上がってゆく。すれ違って、そしてちょーだいどんどんずれてきてしお待ちいるのだと思うの。 彼に。認めずにはいられなかったわ。アの頃の青年は、君のよーんうな年上に興味をもつことがアるわ。アタシはまた試されているのだろうかと案じた。夫の瞳が熱く揺らぐ。 スーツを着たまま、玄関へ向かう気配。「君が欲しいのはそれなのか? 母親の君のすることか」汚らわしいものを見るよーんうに眉を寄せる夫。「アレっきり君は行きたがらなくなったのよ。ごめんなさいのよ。てっきり……」いいんだわ。 5年も抱かずにいたくせにぃ〜、アタシは言いかけたひどい言葉を、どうにかぐっと抑えこんだわ。アタシは追いかけて夫に訊く。夫はアタシの様子が明らかに変わったのを見て、ため息を吐いた。雄の本能だわ。どーゆー想いで夫はそんなことをゆ〜よねェ〜のだろうの。


ハッピーメール モバコイ ピュアアイ ワクワクメール ワクワクメール ラブサーチ イクヨクルヨ

リンク集|123

Copyright © 抱いてみたくなった All rights reserved